自賠責保険の活用は解決への近道?

被害者保護のために

自賠責保険には以下のような制度が用意されています。

仮渡金 賠償額の確定しない段階で、被害者が当座の出費のために仮請求できる制度です。
被害者請求 加害者側からの支払、示談成立を待たずに、被害者側から請求し、賠償を受けることができます。

被害者請求を活用しよう

本来、賠償は加害者がするべきもので、何で被害者が請求しなければいけないんだ、と思う方も多いかもしれません。また、任意保険会社による一括払い制度を利用しているため、完全に保険会社任せになっている方も多いかもしれません。それで十分な補償を受けることができればいいのですが、そうでないケースも多くあります。そんなときは被害者請求を活用して、その後に備えましょう。

一度専門家にご相談されることをお勧めします。

様々な自賠責保険を活用した問題解決方法があります。個々の事情により最善策は異なりますので、交通事故に精通した弁護士にご相談されることをお勧めします。

※すべての弁護士が交通事故に精通しているわけではありません。

このページの先頭に戻る
お電話によるご相談 メールによるご相談 ご利用に関するQ&A
サポートの内容 サポートの流れ サービス一覧 料金のめやす 事務所概要 サイトマップ解決シュミレーションお客様の声
メインメニュー
運営︰たちかわ共同法律事務所
   

〒190-0023
東京都立川市柴崎町2-10-17
中島ビル201
TEL:042-513-4970
FAX:042-513-4975

JR立川駅より徒歩5分
(道順はこちら)

多摩都市モノレール立川南駅から徒歩4分
(道順はこちら)

>>アクセスマップ


大きな地図で見る
後遺症等級認定サポートの様子
代表弁護士のご紹介

代表弁護士プロフィール