事故後の対応Q&A

  1. 事故に遭って、ケガを負った。病院で気をつけることは?
  2. ケガをしたのに、物損事故扱いに・・・・・・どうすればいいの?
  3. 構内での事故だったので事故証明書が出ない。どうすればいいの?

Q.事故に遭って、ケガを負った。病院で気をつけることは?

A.症状はすべて医師に伝えましょう。

事故直後は気持ちが動転していることもあり、一番辛い症状しか自覚せず、医師にも伝えていないということがあります。事故からしばらく経ってから別の症状を訴えても、治療面でも賠償面でも不当な扱いを受けてしまうことがありますので、できる限り冷静に、一番辛い症状以外も医師に伝え、必要な検査があれば念のため実施していただくようにお願いしましょう。


Q.ケガをしたのに、物損事故扱いに・・・・・・どうすればいいの?

A.人身事故に切り替えられる場合があります。

交通事故の場合、2〜3日経ってから、傷害に気付くことも少なくありません。しかし、届け出が物件事故のままだと、どんなに症状がひどくなっても自賠責保険は支払われません。
警察署によって取扱いが異なりますが、4〜5日中であれば、物件事故から人身事故に切り替えてくれる場合があります。(多くの場合、診断書の提出を求められます。)
また、物損扱いであっても、追加書類を出すことにより、自賠責保険等を請求できる場合があります。


Q.構内での事故だから事故証明書が出ない。どうすればいいの?

A.人身事故証明書入手不能理由書を提出します。

私有地や会社の構内での事故の場合、警察は処理してくれないため、人身事故としての証明書が発行されません。
この場合、人身事故証明書入手不能理由書を提出すれば、自賠責上人身事故として扱われます。

このページの先頭に戻る
お電話によるご相談 メールによるご相談 ご利用に関するQ&A
サポートの内容 サポートの流れ サービス一覧 料金のめやす 事務所概要 サイトマップ解決シュミレーションお客様の声
メインメニュー
運営︰たちかわ共同法律事務所
   

〒190-0023
東京都立川市柴崎町2-10-17
中島ビル201
TEL:042-513-4970
FAX:042-513-4975

JR立川駅より徒歩5分
(道順はこちら)

多摩都市モノレール立川南駅から徒歩4分
(道順はこちら)

>>アクセスマップ


大きな地図で見る
後遺症等級認定サポートの様子
代表弁護士のご紹介

代表弁護士プロフィール