頚椎捻挫・腰部挫傷で併合14級 〜神奈川県在住のH様〜

私は、自称:兼業主夫です。妻と共働きをしており掃除・洗濯・食事と毎日主夫業をこなしています。そんな生活の中、通勤途中で事故に遭ってしまいました。
私の事故は、信号の無い交差点内でのバイク対車(相手)の衝突事故でした。私は、救急車で病院に運ばれ訳も分からないうちにレントゲン撮影だけで全治10日の診断書が出されました。車にバイクごと跳ね飛ばされ全身が痛いわりには、骨折もなく直ぐに治るんだと思っていました。しかしそんな事はなく半年以上の通院生活を送る事になりました。
相手の保険会社は、直ぐに対応してくれましたが、私に15%の過失があると言ってきました。私は、衝突前に相手に気付き危険回避の為、左端に寄せた状態で止まっていました。しかし、交差点内で止まるのが悪いと言いがかりを付けてきたのです。ここからが、事故による怪我の痛みとは別に精神的な苦悩の始まりでした。しかも、過失0%を主張する場合は、自分の保険会社を使用する事が出来ないのです。その為、事故処理のプロである保険会社相手に対して素人の私が、自分で交渉しなければならないのです。この頃は本当に辛い日々でした。
 治療の方は、整形外科と接骨院の両方に通いました。これに対しても保険会社からは、どちらをメインで通っているのか、通いすぎじゃないかなど色々と言ってきました。整形外科は、「恒久的な治療」、接骨院は、「現状の痛みが緩和される」と言う理由で何とか通い続けました。むち打ちで何ヶ月か通院すると、そろそろ症状固定でもと言ってきました。痛みが残っているのにこれで終わり?それに、事故の為に台無しにされた半年以上を償って貰うには、どうしたらよいのか悩みました。ゴールデンウィークや夏休み、子供の運動会での親子競技全て台無しでした。痛みの為子供と遊ぶ事も出来ず家事もあまり出来なくなって妻にも迷惑をかけていました。それに対して事故相手は、一度謝りに来ましたが、その後は全て保険会社任せです。その為の保険なのかもしれませんが、被害者である私がこれだけ苦労しているのに、普段と変わらない生活をしている相手が憎く思えてなりませんでした。
症状固定にするに当たり、むち打ちの治療や慰謝料を調べてみましたが明るい材料は、無いに等しくどうして良いのか途方に暮れてしまいました。そんな時、後遺症等級認定サポートのホームページを見つけたのです。その中には、諦めていたむち打ちでの後遺障害認定を受けた記事があったのです。色々な行政書士の方のホームページを見てきましたが、ここまで明確に書いてある事務所は初めてでした。
そして若林先生が本当に信用出来るか検索してみると先生のブログを発見しました。(疑ってすみません)
その名も「後遺障害等級認定専門行政書士として働く主夫のブログ」です。そうです。主夫です。私と同じ働きながら主夫をしているのです。この方なら私の主夫としての苦悩を分かって貰える。そう確信しました。そして依頼への第一歩「メールでの無料相談」を行いました。そのメールに、私の状況や現状の思い(子供を抱っこ出来ない、買い物袋が持てない、家事も今まで道理に出来ない)など一色単に書いて送りました。しかし若林先生は、嫌な顔もせず(見えませんが(笑))とても丁寧に対応してくれました。行政書士に対して敷居が高いと感じていましたが、そんな事を感じさせることなく安心して相談する事が出来ました。事務所の場所が少し遠い事が心配だったのですが、医師面談なども問題無く依頼があれば何処へでも飛んでいく頼もしい方でした。(ブログを参考に!)
褒めすぎじゃないかと思われる方もいるかもしれませんが、見事に1回で後遺障害の認定を受ける事が出来ました。行政書士に依頼してまでお金が欲しいのかと思われるのが嫌で依頼する事に躊躇もしました。しかし、若林先生の「正当な対価を貰うだけ」の言葉に救われました。今では、本当に依頼をして良かったと思っています。後遺障害に対する結果もそうですが、事故に対して一人で悩んでいると悪い方向にばかり考えてしまいます。先生の「結果が出るまでとことんやります」の言葉にも勇気づけられました。
今後は示談交渉の為、弁護士への依頼(弁護士特約がある為)となります。弁護士の方に依頼するのも初めてですが、若林先生の紹介者なので安心して頼る事が出来ます。まだ、体に痛みもあり通院もしています。しかし、この一年近く家族に迷惑をかけてしまいましたので、家族の為にこれからの時間を大切に使っていこうと思っています。
若林先生、本当にありがとう御座いました。「また何時でも」との事ですが、事故は懲り懲りです。
これからも一人でも多くの方の力になってあげて下さい。
 悩んでいる方は、先ずメール相談をお奨めします。一筋の光が見えると思います。

お客様の声

  1. 膝半月板損傷等で14級9号から12級13号 〜東京都在住Y様〜
  2. 舌裂創後の発音障害で非該当から10級3号 〜埼玉県在住K様〜
  3. 椎捻挫後の腰部痛で非該当から14級9号 〜神奈川県在住K様〜
  4. 股関節軟骨損傷で14級9号から12級7号(関節機能障害) 〜東京都在住E様〜
  5. 頚椎捻挫・腰椎捻挫で併合14級 〜東京都在住F様〜
  6. 頚椎捻挫後の頚部痛等で14級9号 〜東京都在住K様〜
  7. 頚椎捻挫後の頚部痛等で14級9号 〜東京都在住S様〜
  8. 醜状障害、長管骨の変形等で併合6級 〜東京都在住N様〜
  9. 尺骨神経障害、CRPS等で7級4号 〜神奈川県在住A様〜
  10. 上腕骨近位端骨折で12級13号など 〜東京都在住H様〜
  11. せき柱の変形、肩関節の機能障害等で併合7級 〜埼玉県在住O様〜
  12. 中心性頚髄損傷後の神経症状で14級から12級 〜東京都在住S様〜
  13. 肩鎖関節脱臼等で非該当から併合14級 〜神奈川県在住N様〜
  14. せき柱の障害等で事前認定14級から併合10級 〜千葉県在住K様〜
  15. 体幹骨(鎖骨)の変形で12級 〜北海道在住J様〜
  16. 膝関節の動揺性(動揺膝関節)で事前認定12級から8級へ 〜東京都在住K様〜
  17. 肺挫傷、気管断裂、肩鎖関節脱臼骨折等で併合10級 〜神奈川県在住A様〜
  18. 頚椎捻挫等で非該当から14級9号 〜東京都在住S様〜
  19. 腰椎横突起骨折等で14級9号 〜千葉県在住H様〜
  20. 腰椎捻挫で14級9号 〜神奈川県在住T様〜
  21. 頚椎捻挫で非該当から14級9号 ~京都府在住M様~
  22. 頚椎捻挫・腰部挫傷で併合14級 ~神奈川県在住のH様~
  23. 頚椎捻挫で非該当から14級9号 ~千葉県在住のA様~
  24. 頚椎捻挫・腰椎捻挫で併合14級 ~千葉県在住N様~
  25. 頚椎捻挫で14級9号 ~千葉県在住H様~
  26. 左踵骨骨折で14級9号 ~京都府在住のT様~
  27. 腰椎捻挫で14級9号 ~神奈川県在住M様~
  28. 頚椎捻挫で非該当から14級9号 ~神奈川県在住K様~
  29. 腰椎捻挫で14級9号 ~茨城県在住N様~
  30. 頚椎捻挫で14級9号 ~東京都在住N様~
  31. 頚椎捻挫・腰椎捻挫で14級9号 ~東京都在住M様~
  32. 左撓骨骨折で14級9号 ~神奈川都在住K様~
  33. 左膝内側側副靭帯損傷等で非該当から14級9号 ~静岡県在住K様~
  34. 左第5中足骨骨折で非該当から14級9号 ~東京都在住C様~
このページの先頭に戻る
お電話によるご相談 メールによるご相談 ご利用に関するQ&A
サポートの内容 サポートの流れ サービス一覧 料金のめやす 事務所概要 サイトマップ解決シュミレーションお客様の声
メインメニュー
運営︰たちかわ共同法律事務所
   

〒190-0023
東京都立川市柴崎町2-10-17
中島ビル201
TEL:042-513-4970
FAX:042-513-4975

JR立川駅より徒歩5分
(道順はこちら)

多摩都市モノレール立川南駅から徒歩4分
(道順はこちら)

>>アクセスマップ


大きな地図で見る
後遺症等級認定サポートの様子
代表弁護士のご紹介

代表弁護士プロフィール

◆示談専用サイト◆
交通事故示談に強い東京の弁護士 たちかわ共同法律事務所